スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | | スポンサー広告

マクロが禁忌とされる理由。

「○○がきのこ神社でヒールマクロをしているよ」

なんて拡声器を見たことがあるでしょうか?
周りの反応から、なんとなく不正行為のような雰囲気を感じるものの、
実際マクロがどのようなものなのか、いまいちピンとこない人もいると思います。

マクロとは、IT用語辞典(http://e-words.jp/)で以下のように説明されています。

>ワープロソフトや表計算ソフトなどで、
>特定の操作手順をプログラムとして記述して自動化する機能。

ヒールマクロで自動化した操作手順は「ヒールをし続ける」です。
それを利用して提灯や姫などの敵をヒールで自動的に倒そうと考えたものの、
何らかの事情で墓を落としてしまい、きのこ神社に強制送還されたのでしょう。
これが人間ならば、きのこ神社に戻った時点でヒールをやめるでしょうが、
マクロはきのこ神社に戻されたことを認識できず、神社でヒールを続けています。
結果、周りからマクロであると判断されることになってしまったわけです。

さて、メイプルストーリーには操作を自動化する機能が備わっていないので、
マクロをしようと思ったら、何らかの外部ツールを利用しなければなりません。
しかし、規約の第17条27項で、以下の項目が禁止事項として挙げています。

>本ソフトウェアおよび本サービスに関するサーバエミュレーター、
>ユーティリティー、その他外部ツールの利用、開発行為

つまり、マクロをしようと思ったら外部ツールを使わなければならないが、
外部ツールを使うことは規約違反なので、マクロは規約違反であるということです。
ヒールマクロが不正行為であると騒がれるのは、そのためです。

今回はその禁止事項である、自動操作・マクロについて考えたいと思います。



まず、マクロは悪と一概に言えるかという疑問が私の中にあります。
もちろんマクロは規約で禁じられているので、規約違反ではあります。
規約違反を犯すことは、秩序を乱す悪であると考えることができるでしょう。
しかし、マクロをしてしまう人の気持ちも私には少し理解できます。

そもそもIT用語辞典にあるように、ワープロソフトや表計算ソフトなど
ゲーム以外の場面でマクロといった場合、悪いことという認識はありません。
手作業でするにはあまりに大量・複雑過ぎるデータの処理をコンピュータ任せ、
負担を軽減したり、ミスのを減らしたりする目的をもったマクロです。
これらのマクロは、むしろ推奨されるべきことなのです。

それでは、この考えをゲームのマクロにも適用してみましょう。
狩りは、特にソロでの狩りは、基本的に狩場を往復する単純作業の連続であり、
人間が行うよりも、マクロに任せてしまった方が楽なのは確かでしょう。

人間が楽をしたいと思う発想は、至極健全です。
もし苦行を求めるとしても、その苦行には目的や理由があるはずです。
目的も理由もなく、わざわざ苦行に飛び込む人は本当に稀でしょう。

そういう意味で、私はマクロを使う人の気持ちがとてもよく分かります。
メイプルストーリーでの狩りを作業と感じ、それが苦痛であるのなら、
その単純作業をプログラムに任せて楽をしようという考えは健全だからです。

確かに、自動操作は規約違反です。その意味でマクロは悪になるでしょう。
しかし、その背景には「楽をしたい」という人間らしい欲求があり、
他人に迷惑をかけない限り、その思考は至って健全であると思うのです。



それでは、何故健全な発想であるところのマクロが禁忌とされるのでしょう。

ゲームというのは娯楽で、娯楽というのは無駄なものと相場が決まっています。
メイプルストーリーは遊びであり、決して生産的な産業ではありません。
しかし私たちは、貴重な時間をつぎ込み、メイプルストーリーで遊んでいます。
楽しいと感じるからこそ、非生産的でありながらも、娯楽が成立するのです。

何を楽しいと感じるかは人によって異なります。
チャットでの会話が楽しかったり、露店を回ってお金を稼ぐのが楽しかったり、
もちろん狩りをしてキャラを成長させることを楽しむ人もたくさんいます。
昔、須田PINさんというゲームの批評家が、

「キャラの育成が楽しいのは、キャラの成長と自分の成長を重ね合わせているからだ」

と言っていました。
この言葉は、育成の要素のあるゲームの楽しみを的確に捉えていると思います。

ただ苦労をするだけならば、いくらでも方法はあります。
ひたすらデンデンだけを倒してレベル200を目指すということもできますし、
狩りと死を繰り返して経験値ゼロをキープするということもできます。
しかし、私たちはそれをしません。
適度な苦労と、それに見合った成長という成果をゲームに求めているんです。

以前の記事にも書きましたが、成果は正当な努力の上に成り立つべきものです。
正当な努力をせずに、楽をして成果を得ることができてしまうのは、
他のプレイヤーの努力を嘲笑い、冒涜することになってしまうでしょう。

このようなことが起きないよう、ネクソンは規約でマクロを禁じているのです。
そもそも、マクロは規約違反だから批難されているのではなく、
逆に、批難されるべきことだから規約違反になっているということです。



それでは、マクロなど外部ツールに頼らなければ正当な努力なのでしょうか?

よく言われる話ですが、キーボードの特定のキーの上に消しゴムなどを置き、
その上に雑誌を置けば、キーを連打し続けるマクロもどきの完成です。
ジョイパッドのボタンを洗濯ばさみで固定しても、マクロもどきになります。

ヒールマクロの話に戻りますが、マクロを使ったと糾弾されている人の多くは、
「消しゴムを使っただけ」とか「よそ見をしていただけ」と弁明をし、
外部ツールを使っていないのだから規約違反には当たらないと主張します。

しかし、上で述べたように、マクロを使うことが禁忌とされることの背景には、
大した努力もせずに不当な成果を得ることに対する批難がまずあります。
それならば、多くの人が批判し、正当な努力ではないと感じている以上、
消しゴムや指をキーの上に置くだけの狩りが正当な努力であると考えるのは
マクロが正当な努力だと考えられていないのと同様に、難しいと思います。

私たちは、適度な苦労と、それに見合った成果をゲームに求めています。
もちろん、規約で禁止されていることしてはいけないのは大前提ですが、
規約に違反していないからといって、消しゴムや洗濯ばさみを使うことが、
他のプレイヤーの努力に対する冒涜になる可能性は考えて然るべきでしょう。
スポンサーサイト



テーマ:メイプルストーリー - ジャンル:オンラインゲーム

2008.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑文(*=д=)

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

ほまら

Author:ほまら

楓サーバで活動中、ねぶくろのギルマスになりました、ほまらです。
魔法使い・日の丸扇子・ムーンライトをこよなく愛し、未だサクチケを使わない、このレベルにしては希有なプレイヤーです。お守りはたまに使います♪
Projectムクヤジを頑張っていますが、ブログ更新は頑張りたくない微妙なお年頃。ちゃんと卒業できるかなぁ……(汗

最近言われたくないこと:
「修論進んでる?」

ほまら氷魔171歳
白蝶草聖癒魔113歳
ねあら火毒魔93歳
帆麻投賊92歳
ならら斬賊53歳
ゆわら殴魔32歳
てぶくろ黒ねこ30歳!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。